FC2ブログ

wine&dine

プロフィール

うづらてい

Author:うづらてい
京都木屋町のワインダイニングです。

最新記事
カテゴリ

「 京都ポークとフォワグラのロッシーニ風 & モンド ’15 」

イメージ・横


★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

MONDOT '15 (St-Emilion) \ 2,300
モンド (サンテミリオン)

「サンテミリオン」の格付けでトップに君臨する、第一特別級AとB。 第一特別級Aは「シャトー・シュヴァル・ブラン」と「シャトー・オーゾンヌ」を始め四つのシャトーしか存在しません。それに続く形で14のシャトーが第一特別級Bとして名を連ねます。「サンテミリオン」の格付けの特徴として格付け改定が10年に一度行われる点です。最近では2012年に改定が行われました。「シャトー・トロロン・モンド」は2006年の改定時に「グラン・クリュ・クラッセ」から第一特別級Bに昇格しています。
「シャトー・トロロン・モンド」は現当主“クリスティーヌ・ヴァレット”氏が父親からシャトーを受け継ぎ、1980年代から品質が飛躍的に向上しました。1980年代半ばには、醸造コンサルタントに“ミシェル・ロラン”氏を招き入れ、さらに飛躍に拍車がかかりました。 その頃から、「サンテミリオンの第一特別級に格上げされるべき」、「メドックの二級に相当する品質」などと言われてきました。そうした評価を受け続けていたものの、1996年の改定の時は昇格最有力候補に留まりました。
しかし、ブドウの完熟を待って可能な限り摘み取りを遅くしたり、グリーン・ハーヴェストをして収穫量を抑えたり、新樽比率の引き上げ(約70%)を行うなど巨額な投資を行い、そうした努力が実り、ようやく2006年に第一特別級Bに昇格を果たしたのです。
「シャトー・トロロン・モンド」が位置するのは「サンテミリオン」の最も標高の高いパヴィの丘。気候が涼しいだけではなく、重い粘土質の土壌も冷たいためブドウはゆっくりと成熟します。古樹の割合が比較的高く、生み出されるワインは深みと奥行きのあるモダンなスタイルです。
今月ご紹介の「モンド2015年」は「シャトー・トロロン・モンド」が造るセカンドワインです。2015年からラベルがリニューアルしました。
ブレンド比率はメルロー種 92%、カベルネ・ソーヴィニョ種 6%、カベルネ・フラン種 2%となっております。色調はまだまだ、濃い黒紫。香りはアルコリックで濃厚な熟れた果実香がどっしりと中央に、黒系果実のドライフルーツ、ミックススパイス、土の香り。味わいはやはり黒系果実の果実感が序盤、支配的ですが、後半にはタンニンの存在感がしっかり感じられ、全体の味わいのディテールの完成度を一段も二段も底上げしています。アルコール度数が衝撃の15.5%と「カリフォルニア」ワインと見紛う高さですが、決して厚ぼったい所はなく、それでいて非常にリッチな味わいに仕上がっております。
今月のマリアージュのお相手は「京都ポークとフォワグラのロッシーニ風 ペリグーソース」をおすすめします。京都ポークとハンガリー産のガチョウのフォアグラを重ね、黒トリュフで作りましたペリグーソースをご用意、贅沢なロッシーニ風に仕上げました。京都ポーク、フォアグラ、黒トリュフ、そして「サンテミリオン」ワインの定番のマリアージュではありますが、やはり満足感が違います。是非、お楽しみ下さいませ!!!。

(2019.08.1[THU])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR