FC2ブログ

wine&dine

プロフィール

うづらてい

Author:うづらてい
京都木屋町のワインダイニングです。

最新記事
カテゴリ

「 鳥取産黒毛和牛バラ肉の赤ワイン煮込み & ラ トゥール デュ パン 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

CHATEAU LA TOUR DU PIN '10 (St-Emilion) 2,500
シャトー ラ トゥール デュ パン (サンテミリオン)

1879年に、「シャトー・フィジャック」は分割し売却され、「シャトー・フィジャック」「シャトー・ラ・トゥール・フィジャック」になります。1881年に、「シャトー・ラ・トゥール・フィジャック」はさらに分割し買収され「シャトー・ラ・トゥール・フィジャック」「シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン・フィジャック」となります。1947年に、「シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン・フィジャック」は、またさらに一部を分割して「ムエックス」社に売却され取得した「ムエックス」社はそのままシャトー名の変更しなかったために、「シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン・フィジャック」は1947年〜2006年の間は2つのラベルが存在することになりました。
2006年に、「ムエックス」社の所有する「シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン・フィジャック」が、「ルイヴィトン」グループの総帥“ベルナール・アルノー”氏とベルギーの投資家“アルベール・フレール”氏の共同出資である「シャトー・シュヴァル・ブラン」により買収され現在の「シャトー・ラ・トゥール・デュ・パン」が誕生いたします。「シャトー・シュヴァル・ブラン」の向かいに広がる8haの畑にはメルロー種75%、カベルネ・フラン種25%が栽培され、「シャトー・シュヴァル・ブラン」の醸造責任者も務める“ピエール・リュルトン”氏が土壌の個性にあったワイン造りを行っています。
葡萄の平均樹齢は35年、作付比率は6000本/haで栽培されています。収穫はすべて手摘みで行われ、畑の多様性を尊重する区画管理の努力を無駄にせぬよう、あえて小さなタンクで醸造されます。マロラクテック発酵は90%タンク、10%バリックで行います。新樽率50%のバリックで熟成は10~14ヶ月おこなわれます。
色調は、深い赤色、縁には紫がかったニュアンスが見られます。ブルーベリージャムやラズベリーソース、アルマニヤックに漬けたプルーンを思わせるフレッシュかつ複雑な濃密な風味と一流シャトーが持つ、高級感漂う上品な樽香がすばらしい。味わいは力強く滑らか、緻密で凝縮感たっぷり、絹のようなタンニンのストラクチャー。まろやかな酸は繊細且つしっかりと存在感があり、濃厚な果実味と引き合いつつ重量級の味わい。
今月のマリアージュのお相手は「鳥取産 黒毛和牛バラ肉の赤ワイン煮込み」をおすすめします。鳥取県の黒牛のばら肉をメルロー種主体の「ボルドー」ワインで8時間、じっくりと煮込ませて頂いた逸品です。鶉亭の定番人気メニューのひとつでございます。芳醇な香り、舌触りは優しく、とろける様な柔らかさ、しっかりとした味わいとコク、間違いのない一皿に仕上がっております。メルロー種の緻密さとカベルネ・フラン種の奥行きが融合した卓越した味わいの「サンテミリオン」ワインとは相性ぴったりでございます。是非、お楽しみくださいませ!!。

(2016.2.01[MON])

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR