FC2ブログ

wine&dine

プロフィール

うづらてい

Author:うづらてい
京都木屋町のワインダイニングです。

最新記事
カテゴリ

尾田有美のブルゴーニュ便り

第58便

先週はブルゴーニュの最高気温が37度、今週は18度の日もある、正に初夏のの三寒四温!
やっとブドウの花が開花して、ゆっくりと成長が進んでいます・・今年のコート・ド・ニュイの収穫予想日は9月25日前後とクラシックな年になりそう。

IMG_9266a.jpg

またまた月遅れのご報告ですが、先月にも素晴らしい訪問が続きましたが、こちらはハイライトとなるものでした。
このチャーミングな美女はヴォーヌ・ロマネの超名門「ドメーヌ・フランソワ・ラマルシュ」の現当主でフランソワさんのお嬢さんナタリーさん。
かのグランクリュ「La Grande Rue」の単独所有者、DRCより訪問が難しい「難攻不落」と言われたドメーヌ訪問が実現しました。
当日はお客様お1人と私とナタリーさんだけ、豪華なお部屋でこのドメーヌの全てのキュベ14種類を2時間かかて丁寧にゆっくり試飲させて頂きました。
当主であり、醸造家でもあるナタリーさんは「私はアーティスト、フィーリングをとても大事にするの」と言われており、醸造家としてのスタートは決して早くなかったのですが、最近のラマルシュのワインの評価はグランリューの話題だけに留まらず、あるワイン専門誌がクロ・ド・ヴージョの全てのワインをブラインドティスティングをして、見事トップの成績を収めた事など、本当に素直に喜びながら話してくださいました。
華奢な体にショートヘアーが良く似合い、当日も赤い皮のジャケットを着こなして双子の男の子お母さんとはとても思えないかっこよさ。
名門の跡取りなのに気さくで庶民的・・・ちょっと衝撃的な出会いでした。

*悲報*
6月18日に父君のフランソワ・ラマルシュ氏が不慮の事故で亡くなられました・・
当日、主人が来月の訪問依頼の電話をして、ラマルシュ婦人と話して、再訪okの素晴らしい答えを貰ったばかりでした・・
ラマルシュ氏はその日、県外にある別荘に滞在されていて、庭の伸びて来ていた雑草の処理のため、トラクターに乗っていて、運悪く沼地に滑り落ちて亡くなられていたそうです・・たった、お1人で作業をされていた為に発見が遅れてしまったとか。
昨日の今日の出来事で、我々も呆然・・翌日、早速お悔やみのメールを送り、もちろん駄目もとで訪問依頼の確認をお願いしたら、翌日にはナタリーさんから7月中旬の訪問は受け入れてくるとの返事と、人生は続いて行く、私にはやるべき事が判っているから・・と、素晴らしいお返事を頂きました。

合掌。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR