wine&dine

プロフィール

うづらてい

Author:うづらてい
京都木屋町のワインダイニングです。

最新記事
カテゴリ

尾田有美のブルゴーニュ便り

第52便

ブルゴーニュは既にヴァンダンジュも終わり、醸造所での仕事も一段落しつつあります。
収穫量は格段に少なく、とにかく質だけは良かったのが救いとなっています。

今夏以降に訪問したドメーヌのおさらいを続けます。
218.jpg

今夏はジャーナリストのお客様のご要望で久しぶりにボジョレーへ行くことができました。
彼のテーマが「ヌーボーだけがボジョレーじゃない!」
訪問ドメーヌはお任せと言われて、ビオディナミの本拠地モルゴンへ。
お電話中の方はジャン・テヴネさん。
ごく普通の方で、さっぱりシンプルな事。
最近は息子さんが自分自身の名前でキュヴェを出していると嬉しそうに話してくださいました。

220.jpg

強面のお方はカリム・ヴィオネさん。
お顔に似合わず!人なつっこい事。 
冗談ばっかり言って笑わせてくれますが、実は里子に出されたり苦労の人。
マルセル・ラピエールを父のように慕っていたそうで、こちらももちろん自然派。
凄いハプニングがあって、本当は一番訪問したかったフルーリーの怪物的ヴィニョロン「イヴォン・メトラ」にここでばったり会えました。
次回こそ訪問したいのですが・・以前訪問した時は彼は留守で、当時の彼女と意気投合したものですが、現在は分かれてしまったそうです。

230.jpg 233.jpg

抜けるような青い空を見てください。
マルセル・ラピエールの御曹司マチューくん。
マルセル存命中に私は幸運にも訪問した事があります・・
若いながらボジョレーのワイン界、自然派の要として頑張っています。
当日はフランス国内用のSO2添加ゼロと日本向けの微量だけSO2を添加したワインの比較試飲をさせて頂きました。

IMG_8120.jpg
幸運にもヴァンダンジュ直後、アルコール発酵が始まったばかりの醸造所にお邪魔できたニュイ・サン・ジョルジュのジャン・マルク・ミオさん。
10年程前にも一度お邪魔した事があります。
素朴で優しい人柄、心に染み入るような美味しいワイン・・
有名になっても彼は変わっていませんでした。

IMG_8129.jpg
以前から訪問したかったショレ・レ・ボーヌの名門トロ・ボーのナタリーさん。
ずいぶん昔に知人宅でのプライヴェートの試飲会でお会いした事はあるのですが、それ以来本当に久しぶりでしたが、ちっとも変わっていない・・・相変わらず笑顔が可愛い!
訪問時はアルコール発酵の真っ最中でカーヴはガスが充満していました・・
多忙な時期にもかかわらず快く訪問を受け入れてくださってお客様共々大感激。
10月末からシモン・ビーズさんなどブルゴーニュの著名ドメーヌ数軒と共に日本訪問だそうです。
今回は神戸でも催しがあるそうですよ。

IMG_8141.jpg
今や超トップドメーヌとしてまたネゴスとしても多忙なミッシェル・クトウさんと義父のミッシェル・ニエロンさんという豪華版。
醸造所での仕事がひと段落した時期にお邪魔しましたが、今年の樽の少なさに愕然としました・・
パパ・ミッシェルもこんな年はかつて無かったとしんみり。
シャサーニュは今年は夏に3回も雹にやられて大変だったのに、ヴァンダンジュの数日前にダメ押しの様に最後の雹が降ったそうです。
息子ミッシェルは淡々と後は与えられた範囲で精一杯の事をやるだけときっぱり。

IMG_8145.jpg IMG_8146.jpg
このヴィニョロン夫妻をご存知でしょうか。
恥ずかしながら私は全く知りませんでした・・
名古屋近郊で古くからワインバーを経営されているご夫妻のガイドで訪問した、ボーヌ市内の凄い建築物を所有する「ドメーヌ・クードレイ・ビゾー」
ヴォーヌロマネ村のイヴ・ビゾーとはいとこ同士とかで、こちらもお医者様の家系でいかにもブルジョワ風ですが、居たって謙虚なお二人でした。
たった2ヘクタールの所有ですが、エシェゾーにカズティエ、シャンポー、ピュリニーの1級レ・コンベット(樹齢100年以上とか)、そしてラ・クロワ・ラモーに至っては0.202ha所有だとか。
ここは特級ロマネ・サン・ヴィヴァンにくっ付いてる畑で現在特級昇格の申請をしておられるそうです。

IMG_8132.jpg IMG_8133.jpg

最後のたおやかな女性はドメーヌ・シュヴロの香織さん。
ビオワインのサロンんどでお会いした事はありますが、ここを訪問するのは8年ぶりです。
当日はヴァンダンジュ中に足を少し怪我されたとかで、足を引きずって歩かれていてお気の毒でした。
写真の畑はシュヴロ家の真ん前のアリゴテの畑です。
ここは全て馬で耕作しておられます。
のんびりとしたマランジュの村は詩的でした。
こんな地味な村で家族兄弟が力を合わせてワイン造りをされているのを拝見すると心が温かくなります。

   では、またお近いうちに!  A bientôt!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR