wine&dine

プロフィール

うづらてい

Author:うづらてい
京都木屋町のワインダイニングです。

最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 ランド産 鳩のロースト & ヴォルネ・カイユレ 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

VOLNAY.En Caillerets (Pousse D'or) '11 2,500
ヴォルネ アン カイユレ (プスドール)

かつて「ロマネ・コンティ」のオーナーであった“デュヴォー・ブロシェ”家の所有地の一部が、「ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール」でございます。1964年、投資家たちにより再構築され、その時に醸造長となったのがご存知“ジェラール・ポテル”でございました。やがて、“ポテル”が株式の半分を取得し、もう半分をオーストラリアの投資家たちが所有していましたが、1997年に“ポテル”が急死、ドメーヌは売りに出され、これを購入したのが現オーナーの“パトリック・ランダンジェ”でございます。彼は医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功した人物だとか、「ヴォーヌ・ロマネ」村に別荘をもっており、いつかは畑を買い、この別荘をドメーヌにしたいと・・・。そんな折、ドメーヌ売却の話を耳にしたとか・・・。
手に入れるや否や、200万〜300万ユーロの資金を投じて、醸造施設や発酵用の木桶、他の設備も一新。1999年に完成した醸造施設は6層構造になっており、収穫から醸造、樽熟成、瓶詰めまで、ポンプを一切使わず重力でブドウ果汁やワインが流れる仕組みになっている。“ランダンジェ”が投資したのは設備だけに止まらず、ブドウ畑の拡張も盛んに行われています。1998年に「コルトン・クロ・デュ・ロワ(1.45ha)」と「コルトン・ブレッサンド(0.48ha)」を手に入れ、2004年に「ピュリニー・モンラッシェ1級カイユレ(0.73ha)」。
そして2008年には「シャンボール・ミュジニー」村の「ドメーヌ・モワンヌ・ユドロ」を買い取り、村名「シャンボール・ミュジニー(1.41ha)」、1級の「グロゼイユ(0.52ha)」、「フースロット(0.42ha)」、「シャルム(0.19ha)」、「レ・ザムルーズ(0.20ha)」、そして特級「ボンヌ・マール(0.17ha)」をラインナップに収めることに。
赤ワインの醸造では木桶とステンレスタンクを併用し、7日間の低温マセレーションの後、日に2回のピジャージュをしながら長いキュヴェゾンを施します。樽熟成は1級で1/3、特級で40%前後、トータルで15ヶ月間おこなわれます。
色調は淡い、ルビー色、想像以上に早い熟成、赤系ベリーの甘い香り、紅茶や、微かな土壌の香りも、味わいは、果実味、酸、そしてタンニンがバランスよくまとまり、しなやかで、エレガントなワイン。
2011年ヴィンテージは、春は穏やかで通常より1~2週間早く芽がでたそうです(これが例年に無く早い収穫となった主たる原因ですね)。ところが、その後思うように気温が上がらず、ブドウの樹たちは結実不良を起こしたところも多かったようです。そこからの厳しい選果の結果、通常の約60%~70%の収穫量になったところもあるようで、まさにドメーヌの力量が試される年です。そういう意味では、その期待に十二分に答えた一本に仕上がっております。
今月のマリアージュのお相手は「」をおすすめします。フランスは「ランド」産の家禽の鳩をローストしております。モツ付きで頂いておりますので、併せてご用意しております。ソースは鳩の骨からとったジュと「ヴォルネ・アン・カイユレ2011年」をベースにお作りしております。鳩と「ヴォルネ」ワインは王道のマリアージュの一つです。肉質の旨味とかすかな血の風味、しなやかでありながら、大地を感じさせるミネラル感豊かな「ヴォルネ」のテロワール。
どうぞ是非お楽しみ下さいませ!!!。

(2016.7.01[FRI])
スポンサーサイト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。