wine&dine

プロフィール

うづらてい

Author:うづらてい
京都木屋町のワインダイニングです。

最新記事
カテゴリ

「京都ポークとフォワグラのソテー 」 & ラ クロワ ド カース 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

CHATEAU LA CROIX DU CASSE '10 (Pomerol) \ 2,300
シャトー ラ クロワ デュ カース (ポムロル)

「シャトー・ラ・クロワ・デュ・カース」は1980年代後半から一貫して良好な「ポムロル」ワインとされてきました。そこには、「シャトー・クリネ」を凡庸なものからスーパースターの地位に引き上げた管理責任者の“ジャン・ミシェル・アルコート”氏と「フライング・ワインメーカー」の“ミシェル・ロラン”氏の尽力が大きいようです。しかし、“ジャン・ミシェル・アルコート”(2001年6月30日にアルカッションにてボート事故により御逝去)の急逝に、何か穴がぽっかりと空いたような状態に・・・。その後は妻の“アンリ・マリー・オーディ・アルコート”がワイン造りをします。収穫量を抑制し、1本の葡萄樹に6房のみ。全収穫量の60%のみ使用した事もあるとか。現在は「シャトー・ランシュ・ムーサ」、「シャトー・トロット・ヴィエイュ」、「シャトー・ドワジデーヌ」等の有名シャトー9社を保有する“カステジャ”家により運営されております。現当主である“フィリップ・カステジャ”氏は、「ボルドー」の名門格付けシャトーを統括する1855年グラン・クリュ格付け審議会(Conseil des Grand Crus Classes en 1855)会長であり、ボルドーワイン界の中において誰もがその名を知る名門中の名門です。実務は醸造コンサルタントに“ジル・パウケ”氏、“ドゥニ・デュブルデュー”氏という「シュヴァル・ブラン」と同様の最強コンビを迎え、「ポムロル」を代表するワインに成長させております。
 ブレンド比率はメルロー種90%、カベルネ・フラン種10%、少量のカベルネ・ソーヴィニヨン種となっております。色調は、深く鮮やかなルビーレッド、香りは、ブラックベリー、乾燥ハーブ、黒系果実、土っぽい、燻煙、スパイス、非常にまろやかなタンニンと凝縮感のある果実味が「ポムロル」らしい、ふくよかな味わいを表現しています。
 因みに、ラベルデザインはクロワ(十字架)と貝をモチーフにしているようです。ほたて貝殻は「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の巡礼のシンボルのようです。「ポムロル」はその(「サン・テミリオン」が宿泊場所として有名)巡礼コースの一つとされています。また、デュ・カス (Du Casse)はフランス南部のオック語で、樫の (Du Chene) 」を意味するものと思われます。
今月のマリアージュのお相手は「京都ポークとフォワグラのソテー トリュフ風味のペリグーソース」をおすすめします。京都ポークとカナダは「ケベック」州の鴨のフォアグラをソテーし重ね合わせた「ロッシーニ」風(勿論、黒トリュフのソースです)でご用意いたしました。淡白且つ旨味十分の京都ポークとねっとり濃厚なフォアグラに黒トリュフのソースがマッチした王道の組み合わせには、どっしり深みがあり、非常にリッチな果実味のある「ポムロル」ワインと最高のマリアージュになりました。評判の良かった2010年ヴィンテージが手に入りましたので更に極上の相性と思われます。是非、お楽しみくださいませ!!。

(2017.8.01[TUE])

「 京鴨のロースト & モレ・サン‐ドニ 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

MOREY ST-DENIS.Aux Charmes '11 (MIchel Magnien) 2,500
モレ サン ドニ オー シャルム (ミシェル マニャン)

今、「ブルゴーニュ」ワインの世界で若き担い手として大きな注目を浴びている“フレデリック・マニャン”氏。
北は「マルサネ」村から南は「ニュイ・サン・ジョルジュ」村まで、「コート・ド・ニュイ」全域で様々なワインを数多く手がけ、その全てがワイン評論家から大絶賛を浴びる天才醸造家です。そんな彼の原点となったのは、実家のワイナリー「ミッシェル・マニャン」なんです。
先代の“ミッシェル”氏(“フレデリック”氏のお父様)は、真面目で思慮深い性格を買われて「ブルゴーニュ」きっての有力ネゴシアン「メゾン・ルイ・ラトゥール」で畑の管理責任者を任されていたほどの腕前でしたが、自分のワインを販売することはありませんでした。出来たぶどうやワインは全て本拠地「モレ・サン・ドニ」村の協同組合に売ってしまっていたんです。
ところが1993年、「カリフォルニア」の「ロマネ・コンティ」と呼ばれる「カレラ」やニュージーランドのワイナリーで腕を磨いた息子の“フレデリック”氏が武者修行から帰ってきてから。 自社でワインを造って販売する決意をしました。
醸造を担当するのは、海外でワイン造りの修行を積み、情熱に燃える“フレデリック”氏。当時まだ24歳ですから、そんな若い息子さんに醸造の全てを任せるなんて“ミッシェル”氏もすごい決断でした。
 また、“フレデリック”氏が称賛されるこだわりが使用しています樽でございます。“フレデリック”氏が使う樽は「フランソワ・フレール」社という樽会社のものです。実は、この「フランソワ・フレール」社というのがすごいのです。「フランソワ・フレール」社は「自社の樽の品質に見合う生産者にしか樽を売らない」という強い信念を持ち、どんなに「うちに卸して欲しい」と頼まれても門前払いなのです。そのため、「フランソワ・フレール」社の顧客はたった3軒です。あの「DRC」(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)、「ルロワ」、「コント・ラフォン」
今回ご紹介のワインは「モレ・サン・ドニ」村1級の上質畑で、「クロ・ド・ラ・ロシュ」と「マゾワイエール・シャンベルタン」のすぐ隣にある標高260メートルの赤みがかった白亜粘土質土壌から収穫されたブドウから造られます。
カシスやブルーベリーに似た黒い果実や、サクランボなど核のある赤い果実の豊満なアロマを放ちます。とても柔らかく繊細ですが、土っぽい香りや豊かな果実味があり、畑の個性がしっかりと描かれた仕上がりになっております。
今月のマリアージュのお相手は「京鴨のロースト ブラッドオレンジのビガラードソース」をおすすめします。京都は与謝野町の飼育の鴨をローストし、鮮やかな酸味のオレンジのソースをご用意しました。オレンジで煮たポロネギと一緒に洋風「鴨葱」一皿となりました。地味豊かな土壌の香りと柔らかい果実感の「モレ・サン・ドニ」ワインと抜群の相性となりました。
是非、お楽しみ下さいませ!!!。

(2017.7.01[SAT])

「 仔牛フィレ肉とリ・ド・ヴォーのパネ & プリューレ・リシーヌ 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

CHATEAU PRIEURE LICHINE '12 (Margaux) 2,300
シャトー プリューレ リシーヌ (マルゴー)

 「フランス」語で“小修道院”という意味の「プリューレ」と、以前オーナーであった“アレクセス・リシーヌ”氏の苗字を取って名付けられているのが「シャトー・プリューレ・リシーヌ」です。
その名前が示すとおり、もともとはたった4haの土地で修道院のミサ用に細々と作られていたワインが評判となり、市場に出回り人気を博すようになった、そんなエピソードが残されています。
1951年より、シャトーは現在でも知られている“アレクセス・リシーヌ”氏のものとなります。彼の最大の業績は、彼の亡くなる年の1989年に、敷地を「マルゴー」村に60haと増やしたことでしょう。この拡大は1989~1999年の所有者、息子の“サーシャ”に引き継がれました。1999年から、シャトーは「グループ・バランド」によって転機を迎えます。敷地に関しては大きな変化はなかったものの、醸造学者“ステファン・デュルノンクール”氏の協力と、“ミッシェル・ロラン”氏(2000年まで)の手によって、スタッフはさらに強化されました。多くの砂利が堆積し、「マルゴー」地区の格付けシャトーの畑が集まる「カントナックの丘」の上にある畑は、「マルゴー」村の中でもトップクラスです。“アレクセス・リシーヌ”氏はこのシャトーへ多大な投資を行いました。「シャトー・プリューレ・リシーヌ」のブドウ畑は、大部分が「カントナックの台地」の上の、ギュンツ氷期の小石が多く堆積する砂利質の土壌のところにあり、合計で約70haです。
栽培品種の比率は、約50%のカベルネ・ソーヴィ二ヨン種、42%のメルロー種、6%のプティ・ヴェルド種、2%のカベルネ・フラン種となっています。カベルネ・ソーヴィ二ヨン種とカベルネ・フラン種は、砂利質でもその層が約10~15mと、「ポイヤック」村や「サンジュリアン」村と同じぐらいの厚さのところに植えられ、メルロー種は粘土の比率が高いところ、プティ・ヴェルド種は砂利の層が6~8mと比較的薄いところと、品種ごとに適所を選んで植えられています。
収穫には150~200人の方が参加します。そのうちの130人ほどが、選果をしながら、手摘みで収穫を行い、ブドウをカジェットに入れていきます。カジェットごと醸造所に運ばれて来たブドウは、バイブレーター式の選果台を使って、除梗前と除梗後の2回の選果が行われます。その後、破砕を行ってから9基のステンレスタンクと12基のコンクリートタンクに運ばれ、発酵前に12~13℃での低温マセレーションを1週間ほど行います。続いて、29度~30℃でのアルコール発酵を行った後に、果皮浸漬を行います。低温マセレーションから果皮浸漬まで、タンクによって変わってきますが、大体25~32日間ほどの時間を掛けているそうです。
マロラクティック発酵は、グランヴァンに使用されるだろうワインに関しては樽の中で行い、セカンドに回されるものはステンレスタンクの中で行われます。1年目の樽貯蔵室、2年目の樽貯蔵室では、マロラクティック中に室内温度を上げるため、ビニールシートを付けて暖房するそうですその後、約18ヶ月間の樽熟成に入るのですが、“ステファン・デュルノンクール”がコンサルタントに入った1999年からは、樽熟成の最初の6ヶ月間は澱引きをせず、澱を樽の中に残したまま熟成を行う“シュール・リー”と、樽の底に溜まっている澱を攪拌させる“バトナージュ”が採用されました。
これらの手法を採用することによって、酵母の死骸から旨味成分がワインに溶け出して、ワインがより複雑性を帯び、またコクが出るのだそうです。ただし、この手法だと、従来は澱引きの際に空気に触れることにより抑えられていたワインの還元反応が強くなってしまうケースが多いため、定期的に樽内のワインに酸素を供給する“ミクロビュラージュ”を行うことにより、バランスを保っているのだとのことです。バトナージュは、樽熟成の最初の6ヶ月間には1週間に2回行い、ミクロビュラージュは、樽熟成中に少ない場合で3回、多い場合は8回ほど行うとか。“ステファン”がシャトーまで来て、すべての樽を定期的に試飲しながら、このような回数を決定していくのだそうです。
色調は「マルゴー」村にしては濃いガーネット色、黒系果実の深いアロマや甘草、燻したハーブ、タバコの趣が感じられます。しなやかで熟成が早いようですが、タンニンを十分含み、非常に中身が詰まったワインです。豊かな果実味とエレガントでしなやかな口当たり。現代的で知的なスタイルを持つ「マルゴー」ワインです。
今月のマリアージュのお相手は「仔牛フィレ肉とリ・ド・ヴォーのパネ ソース・ディアブル」をおすすめします。フランスは「ブルターニュ」産の仔牛のフィレ肉とリドヴォ(胸腺)を丁寧にパン粉を付け、カツレツに、ソースには古典、現代の融合のようなソース・ディアブル(フォンやマデラ酒を加えた上等なソース・エスパニョールと言われるソース・ドゥミ・グラスにエシャロットやカイエンヌペッパーを加えて作られたもの)をご用意致しました。淡白な仔牛のフィレ肉と濃厚なリドヴォー、パン粉の香ばしさに複雑さとまろやかさのあるディアブルソースがよくマッチした一皿です。十分なタンニンを感じながらもしなやかで知的なイメージの「マルゴー」ワインとは素晴らしいマリアージュとなりました。是非、お楽しみ下さいませ!!!。

(2017.6.01[THU])

「 鶉とフォワグラのソテー & ポマール・ペズロール 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

POMMARD.Les Pezerolles '10 (Chateau de Puligny-Montrachet) 2,300
ポマール レ ペズロール (シャトー ド ピュリニー モンラッシェ)

 「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」は17世紀に建てられた城館であり、“ナポレオン”帝政期には当時「ボーヌ」市長であった“ジャン・バティスト・デスドゥアール”が所有し、城館を修復。1950年代からブドウ栽培家であり詩人でもあった“ロラン・テヴナン”によって、シャトーのワインは名声を誇りました。
その後、「シャブリ」の「ドメーヌ・ラロッシュ」の手に渡り、さらに金融機関の所有となって、2002年にシャトーの支配人として抜擢されたのが、「ヴォルネ」の「ドメーヌ・ド・モンティーユ」の長男、“エティエンヌ・ド・モンティーユ”です。
“エティエンヌ”はブドウ畑をビオロジック、そしてビオディナミに転換し、ワインの質を劇的に向上。傾きかけていたシャトーの名声復活をみごと成し遂げました。そして2012年にとうとう、“ド・モンティーユ”家がオーナーの金融機関からこの由緒正しきシャトーを購入することに成功したのです。
シャトーは22ha、21のアペラシオンを所有しますが、このうち特級「モンラッシェ」と「バタール・モンラッシェ」は「ドメーヌ・ドゥジェニー」の“フランソワ・ピノー”に転売することに。それ以外の上位レンジにある、特級「シュヴァリエ・モンラッシェ」、「ムルソー」1級「ペリエール」、「ポマール・レ・クラ」、「ポマール」1級「ペズロール」は「ドメーヌ・ド・モンティーユ」として生産する一方、下位アペラシオンは「ド・モンティーユ」のネゴスものとしてリリース。中間帯のアイテムを「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」として取り扱っているとか・・・。
なお、「ド・モンティーユ」と「デュジャック」が2006年に「ドメーヌ・トマ・モワイヤール」を買収したのと同時に、「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」も「トマ・モワイヤール」が「プレモー」に所有していたモノポールの畑、「ニュイ・サン・ジョルジュ」1級「クロ・デ・グランド・ヴィーニュ」(2.12ha)を取得。このうち0.5haの区画から造られる白ワインが、2010年ヴィンテージよりリリースされています。
今回ご紹介の「ポマール・レ・ペズロール」の区画は「ポマール・レ・グラン・ゼプノ」の北に隣接しており、「ボーヌ」との境界線に沿った完全に西向きの畑、小石混じりの粘土質に木々は根をおろしています。 指定栽培地面積 5Ha 91a 18ca のアペラシオン「ペズロール」に 34a 08ca 所有しています。ワインは標高のある分、より華やかで女性的なワインができやすい、「ポマール」村の1級畑としてはエレガントなワインを生み出す「ペズロール」。よく熟したラズベリー、ブラックベリーが華やかに香り、味わいは優しい果実味とキメ細かなタンニン。繊細さの中に芯の強さの感じさせてくれる逸品でございます。
今月のマリアージュのお相手は「内田ファームの鶉とフォワグラのソテー ペリグーソース」をおすすめします。愛知県は豊橋の「山吹鶉」を丁寧にロースト、取り合わせには、カナダのケベック州産のフォアグラのソテーをご用意いたしました。淡白でありながらジューシーで旨味十分な「山吹鶉」と表面はカリッと中身はとろりと濃厚な味わいのフォアグラの組み合わせに、「山吹鶉」のジュをベースに「ポマール・レ・ペズロール2010年」を加えて作った赤ワインソースが良い相性になっております。パンチのきいた強さのあるタイプではなく、エレガントでしっかりと果実感を感じる「ポマール」ワインが素晴らしいマリアージュとなりました。是非、お楽しみ下さいませ!!!。

(2017.5.01[MON])

「 仔羊のペルシヤード & ダルマイヤック 」

イメージー縦

★お勧めグラスワインとお料理のマリアージュ

CHATEAU D'ARMAILHAC '12 (Pauillac) 2,300
シャトー ダルマイヤック (ポイヤック)

「シャトー・ダルマイヤック」は、「メドック」格付け第1級の「シャトー・ムートン・ロートシルト」を擁す、“バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド”が所有するシャトーでございます。「シャトー・ムートン・ロートシルト」を長男と例えると、同じく「バロン・フィリップ」社が「ポイヤック」村に所有し、エレガントなスタイルの「シャトー・クレール・ミロン」が次男。そして、早くから愉しめる溌剌として外交的なキャラクターの「シャトー・ダルマイヤック」が三男と称されています。極上のテロワールを持つ畑で育まれたブドウが、“バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド”家の類い稀なるワイン醸造の技術によって、見事に開花した優良シャトーです。
約69haの所有畑は「ポイヤック」村の内陸側に位置し、「ボルドー」ワインの最高峰ともいえる2つのシャトーに囲まれた素晴らしい立地です。1つは「メドック」格付け第1級の「シャトー・ムートン・ロートシルト」。そしてもう1つは、「メドック」格付け第5級ながら、いまやトップシャトーに名を連ねている「シャトー・ポンテ・カネ」です。これらの「ポイヤック」村を代表する一流シャトーに挟まれ、なだらかな丘陸の日当たりが良い場所に位置する申し分のないテロワールです。
早くから愉しめ、外交的なキャラクターと言われる「シャトー・ダルマイヤック」を仕立てているのは、「シャトー・ムートン・ロートシルト」と「シャトー・クレール・ミロン」を手掛ける“パトリック・レオン”、“ルシアン・ショノー”氏のチームが醸造を行っています。その『親しみやすいスタイル』を造り上げるために、まずブドウは区画ごとに栽培し、その個性を生かしながらアッサンブラージュを行います。また、熟成をする際には、1/3を新樽、1/3を1年使用した木樽、1/3を2年使用した木樽と使い分け、オークの香りが強すぎない、心地よくバニラが香る程度に仕上げています。
深いガーネットの色調。カシスやブラックベリーなどの果実の香りや花を思わせる香りのなかにコーヒーやタバコの香りが複雑さを与えています。タンニンもしっかりと感じますが豊かな果実味やまろやかな酸とうまく溶け込んでいます。ワインを構成する様々な要素がハーモニーとなり長い余韻にまで続きます。
今回ご紹介する今月のマリアージュのお相手は「仔羊のペルシヤード そのジュと赤ワインのソース」をおすすめします。ニュージーランド産の子羊の背肉を骨付きで丁寧にローストしております。表面にはハニーマスタードをナッペし香草パン粉をつけております。非常にジューシーでほんのり肉の甘さも感じる事が出来、この“シャトー・ダルマイヤック”を惜しみなく使用してご用意いたしました赤ワインソースにも非常によく合います。やはりここは王道の「ポイヤック」ワインとのマリアージュとなりました。是非、お楽しみ下さいませ!!!。

(2017.4.01[SAT])


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR